語りたくなったら書いてく。

日々語る相手のいないことを書くことで発散していく

【ネタバレ映画感想】ジュラシック・ワールド 炎の王国

 

原題  Jurassic World: Fallen Kingdom

監督  J・A・バヨナ

主演  クリス・プラット

 

 

みんな大好き恐竜映画に、みんな大好きクリス・プラット主演ということでさっそく観賞してきました!

 

映画のオチには結構驚きましたが、アクションあり・恋愛あり・キャストの皆さんの迫真のリアクションあり、と楽しく観賞できました!

 

 

そもそも私はジュラシックパークを一作も観ておらず、前作のジュラシックワールドから見始めた「にわか」なので、パークからのオマージュとかは分かりません‥

テーマ曲は流石に聞いたことがあります。

 

 

開幕からのシーンでは、前作で登場した‘悪役’インドミナスレックスの骨を回収しにグループが来ているところから始まりましたね。

もうしょっぱなから恐竜映画!って感じ満載でアガリましたね!

逃げ切ったと思ったら〜って展開をこんなにすぐ観れるとは、

このへんは結構怖いシーンでしたね。

体に力が入って仕方なかった!

 

ここでモササウルスが出できたので後にもなんか絡みがあるのかと期待しましたが最後にちょろっとしか出ませんでしたね。

前作では非常に印象に残る恐竜だったのでもっと見たかったな、なんて‥

 

クリス演じるオーウェンの登場はもったいぶった感じでしたが、やっぱクリス・プラットが出てくるだけでテンション上がっちゃいますね!

クリス・プラットはなにを演じてもそのままというか、本人感が凄い。

 

家なし生活は嫌だとクレアに‘捨てられて’自分で家つくってるのかな〜って思うとかわいいし、良い人ですよね(笑)

 

そんなこんなで島へ行きましたが、噴火してからの爆破が凄い!

量は桁違いですが、爆破の中を走るのってなんか「トランスフォーマーシリーズ」を思い出してしまいます。

 

ティラノサウルスは今作もいいやつで困ったときはティラノサウルスって感じでしたね。

ブルーとティラノサウルスにはまた絡みがあるといいな〜なんて‥

島を離れますが、去り際が非常に悲しい;;

残された恐竜が噴煙の中に消えて行きます。

あの恐竜だって人間たちに作られて見せ物にされ、最終的に見放されて死んでしまうなんて、

恐竜だけの話ではなくて昨今のペットとして飼っていた動物を身勝手な理由で逃がしたり、売るために大量に繁殖させて多くなりすぎて‥とか。

人間の身勝手さを感じたいいシーンでした。

 

 

あっという間に島から屋敷に戻ってさっそく檻に入れられます。

ここでクレアとオーウェンの責任について触れられます。

確かにクレアも恐竜を利用する行為をしていました。

この責任についてイマイチまとまった感じがしなかったのでちょっともやっとしました‥

しかし次も作りそうな終わりだったので、次回作に期待ということで。

 

恐竜オークションが進みますが、悪い人たちのいい感じの悪っぷりもちょうどいい具合だったかなと

彼らが恐竜にやられるシーンはどれもコメディ的な雰囲気が盛り込まれていてよかったですね。

憎たらしい悪役が酷い最後を迎えるというのは、この作品のバランス的によくないかなと‥

「後ろ、後ろ〜!」ってなるシーンが全体通して多かったですね。

恐竜映画といえばやっぱりこれですよ!

 

最後は恐竜たちを逃すか、見殺しにするかの選択を迫られました。

ここでオークションたちは心を痛めながらも責任として死に向き合うと思ったのですがあっさりと女の子に解放されてしまいましたね‥

同じクローンとしての気持ちもわかりますが、このシーンはちょっと「う〜ん」って感じです。

 

あんまり関係ないですが、ハイブリット恐竜インドラプトルはそんない悪いヤツではなかったですよね。

終始インドラプトルは女の子に優しく接していたように思います。

軽く爪で触れる程度だったり、ベッドのシーツもガシャーンって入ってきて暴れればいいのに窓からゆっくり入ってきて静かに近ずくって、

勝手な想像として、ヤツは女の子と遊びたかったのかな〜なんて。

荒いヤツでしたが、安らかな眠りを。

 

次回は人間世界に放たれた恐竜たちを見れるのかと思うと楽しみですね!!

そんな次回作への期待を大いにこめつつ、楽しく観賞できました。

クリス・プラットやっぱりいいっすね!

 

☆3/5