語りたくなったら書いてく。

日々語る相手のいないことを書くことで発散していく

【ネタバレ映画感想】万引き家族

 

監督  是枝裕和

主演  リリー・フランキー

 

是枝監督最新作でパルムドール受賞作品ということで、観賞してきました!

 

家族とは何かを観客に問いかけてくるような難しい作品でした。

しかし思った感じと違っていまいち自分にはピンときませんでした(汗)

なんというか風呂敷広げまくってなあなあで終わるみたいな、

 

しかし序盤の何気ない日常って感じの雰囲気良かったですよね。

あの動かないカメラに対して、映ってないところでもみんな動いてるのが印象に残りました、

家族って同じ家で過ごしていても、見えない面が有るのが当たり前って感じの表現なのかなと思ったり、動かないカメラが当たり前の日常を映してる感を上げているのかな〜なんて思ったりもしますね。

うまい!

 

それだけ当たり前感が出されているのでその後に分かる「ほぼ全員が家族ではない」ということにとても驚きます。

この辺を観ているぶんには家族は血縁関係が重要ではないって見て入られました。

 

観賞後から思ったのですが、「家族」っていう文字の日本的な意味ではなく

イメージ的に映画とかのマフィアとかギャングの「ファミリー」の方がしっくりきてました。

ボスとしてのおばあちゃん、地上げに来た人への対応とか、『任侠ものの映画でしたっけ?』って思う程度には恐いものでした(笑)

ボスの女に松岡茉優さん演じる亜紀、かわいさ十分で、おばあちゃんが金銭的に守ったりしていたのでそんな風に見えました。

幹部二人に治と信代の夫婦、家を守るための仕事をこなしていきます。

治の下っ端に祥太、汚い仕事を教わりながら成長していく‥

そして新しく拾われるゆりちゃん、祥太に付いて走ったりして可愛かったですね。

 

とまあこんな感じで良く分からない当てはめをしたくなっちゃいました!

組織の為にそれぞれ真っ当とはいえないことでお金を稼いでいる姿にそんなことをおもいました。

信代さんはちゃんとパートで働いていたのでちょっと違いますが‥

前の夫を殺してしまったり、おばあちゃんを埋めてしまったりも『ファミリー』って感じを強くします。

 

と、そんなくだらないことはさておき、キャストの皆さんの演技が素晴らしかったですね!

特に松岡茉優さんよかった!

いろんな表情をみせてくれて、幅の広さが凄かった〜

特に治と夫婦はなにで繋がってるかの話をするシーンの、パッとカットが切り替わった瞬間の顔。

ホラー映画でも観ているように鳥肌立つ勢いでした‥

そしてかわいかった!

子役の二人も凄く良かったですね。

演技がとても自然な感じで驚きます。

今後に期待が高まりますね!

 

映画の構成的に予告で見て起きると思っていたできごとが、実際に起きるのが遅くて途中からヒヤヒヤしながら見ていました、

しかし、残念な事にそのヒヤヒヤは当たることになります‥

バラバラになった家族それぞれのこれからを、ほぼ見せていないような終わり方になってしまったかなと。

私自身が映画の終わりにここから先をぶん投げるような終わり方を好ましく思っていないのが大きいですが‥

映画を通しての回答?的なものが感じられないし、

それならば、もう少しだけでも希望の残る終わり方をして欲しかった。

盛り上げるだけ盛り上げてぶん投げはちょっと、

 

と文句も言いましたが、映画前半は間違いなく面白い「家族映画」でした!

いろんな人と、どうだった〜?って話したくなりますね。

 

☆2/5